フリーローンを利用するときのワンポイントアドバイス

使い道自由のフリーローンで賢くキャッシング!

名前からも想像がつきやすいと思いますが、フリーローンは借り入れした個人が自由にお金を使うことのできる便利なローンです。

 

教育ローンやマイホームローン、自動車ローンと違い、自分で用途を決めることが出来るメリットがあります。ただ、フリートーンといっても返済の仕組みは従来のローンと変わりはありません。

 

期日を守り返済することが、利用する上での最も重要なルールです。

 

そもそもカードローンとフリーローンってどう違うの?

 

カードローンとフリーローン、日常何となく見聞きして使っていますが、違いを知っていますか。どちらも使途は自由、生活の手助けをしてくれるローン、何が違うのでしょう。決定的な違いはお金の借り方です。

 

フリーローン

 

フリーローンの場合は、最高借入額が50万円だとして、同じようにしばらく返済を続け、残高が30万円になったとします。更に借り入れは不能です。

 

最初の50万円を完済するまでは、次の借り入れは出来ないのです。つまり一度借りた額=借金の額ということですね。言葉の響きだけだと逆のようですが、フリーローンの方が借り入れはしづらいところがあります。もちろん別口の借金として借り入れをすることは出来ます。

 

それゆえに審査基準はカードローンの方が難しく、フリーローンは通り易いとも言われます。

 

仕組みを考えれば解りますが、カードローンのような借り方の場合、返済能力の低い人に借りられては、貸金業者は溜まったものではありません。

 

どんどんお金を借りられてしまいます。そのようなことがないように、高めの金利と審査基準になっているんですね。

 

借りる人の条件がフリーに近いと覚えておくと、覚え易いかもしれませんね。

 

カードローン

 

その逆でフリーローンの場合、仮に最高融資額が50万円だとします。50万円満額を借り、しばらく返済をして、残高が30万円になったとします。

 

一応この時点での借金総額は30万円となりますね。20万円空きが出ます。その20万円分をまた追加で借り入れが可能なのです。少しでも最高借入額に余裕が出来ると、どんどん借り入れが可能なので借金がいつまで立っても減らない可能性があります。

 

フリーローンは一定の条件クリアでアルバイトも借入OK!

 

毎月安定した金額を稼いでいる社会人ならばたいていの場合はフリーローンを利用することが可能です。しかし学生やパート、フリーターなどのような人はフリーローンを利用することが出来るのでしょうか。

 

上記のような人達でも、一定の条件を満たしていれば借り入れの出来るローンは存在します。

 

全てのローン会社でローンを組めるわけではありませんが、銀行系ではない消費者金融ではローンを利用できる場合があります。

 

アルバイトは審査に通る?

 

学生、パート、フリーターであっても一定の収入がある場合には、消費者金融系のローンは審査が通ることが多いものです。

 

実はこうした人達の方が、お金を必要になる場面が多いのです。

 

学生の一人暮らしは、非常にお金がかかります。またパートやフリーターのような少ない収入の場合、急な出費に対応できないことも珍しくありません。

 

知人からお金を借りるのは、なかなか難しい事ですから、誰にも知られることなくお金を借りることの出来るフリーローンは、便利な存在なのです。

 

フリーローンを選ぶ時のポイント3つをチェック!

 

多くの金融機関がフリーローンを提供しています。そうなるとどれを選んでいいのか迷ってしまうと思います。

 

フリーローンを選ぶ時に確認しておきたいポイントを紹介したいと思います。

 

  1. 金利
  2. 融資限度額
  3. 利用方法

 

この3つがフリーローンを選ぶ時に比較したいポイントになります。詳しい説明を確認していきましょう!

 

金利

 

金利はお金を借りるにあたってとても重要なポイントです。金利が高ければそれだけ利息が高くなってしまい、トータル的な返済金額が大きくなってしまうのです。

 

中には毎月利息の返済だけで元本がほとんど減らないという人も多いようです。そのためフリーローンを利用する場合にはこの金利をしっかりと比較することが大切なのです。

 

融資限度額

 

法律によって総量規制がかかり、年収の3分の1以上の借入はできなくなってしまいました。しかしこれが対象となっている金融機関は、消費者金融や信販会社なので、銀行は対象外になっています。

 

そのため自分の年収の3分の1以上借入を望んでいる場合には、銀行のフリーローンを利用すると良いでしょう。

 

利用方法

 

最近のフリーローンのほとんどがインターネットに力を入れています。そのため申込みや借入、返済などがインターネットから行える金融機関もとても増えてきています。

 

忙しい時にわざわざATMまでいく時間がない、と言う人もいると思います。インターネットに対応していればうっかり忘れてしまった時なども、簡単に返済することできるので延滞を防ぐこともできます。

 

またインターネットが不得意と言う場合でも、全国にあるATMは金融機関の専用ATMだけでなく、提携銀や提携コンビニエンスストアからも利用できるようになっているので、24時間365日利用可能となっています。

 

そのためフリーローンを選ぶ時は便利さも大きなポイントになってくるのです。

 

フリーローンランキングなども参考に選んでみるのも良いでしょう。

 

フリーローンの金利はどう決まる?その仕組みを確認

 

フリーローンの金利は年率4〜18%となっています。これは、ある人はフリーローンを年率4%で利用できて、またある人は年率18%払うことになるということです。

 

ではなぜ同じフリーローンでこれほどまでの差が出るのでしょうか。銀行であれ消費者金融であれ、スコアリングといわれている数値をもとに金利を決めています。

 

スコアリングは次のことを数値化するものです。

 

  • 年収はいくらか
  • 他社からの借入があるか
  • 会社員か個人事業主か
  • 過去の返済でトラブルはあったか
  • 担保となる持ち家などがあるか

 

これらを数値化した後に様々な事柄を考慮して、金利が低くなるか高く設定されるのかを決定しています。

 

金利だけじゃない!スコアリングは審査通過でも重要

 

スコアリングは金利を設定する際にだけ利用されるのではなくて、

 

  • 年収があまりにも低かった
  • 他にもフリーローンの借入がある
  • スコアリングによって出された数字が悪い

 

といった場合には、金利の問題だけでなく、借入そのものができなくなる場合もあります。借入の際に最も重視される、返済能力疑問をもたれてしまうからです。

 

一流企業の重役の親族であったり、持ち家があり、安定した定期的な収入が見込める、過去に返済時のトラブルが無いなどの人は、場合によっては最も低い金利で借入できることがあります。

 

返済能力があると判断された人は金利を含めに設定!

 

フリーローン会社側は、きちんと返済してくれそうな信用できる人物に、これからも継続的な関係を築いていこうと金利を低めに設定してくれるからです。

 

それとは反対に、例え年収が多かったとしても、過去に返済トラブルがある、定期的な収入が見込めない個人事業主などは、返済能力に不安があると認識されてしまい、金利も上限に設定されてしまうということになります。

 

通常はフリーローンを初めて利用する際には金利は高めに設定されます。

 

金利を低くしてもらいのであれば、フリーローン会社に信頼され信用してもらえる人になりましょう。

 

フリーローンの利用と利子の関係

 

自分で好きに利用できる夢のようなローンですが、利用するにあたっては利子の存在を忘れてはいけません。利子は、いわば余計な出費です。利子が脹らんでしまった結果、自己破産してしまった人も沢山います。

 

フリーローンは使い勝手が良いというメリットがありますが、デメリットとして金利が高い傾向があります。会社にもよりますが、一例として挙げますとフリーローンの年利は教育ローンなどと比べるとなんと2倍を上回るとされています。

 

金利は高いですが結婚式が重なってしまいご祝儀が厳しい時や、急に入院することになりお金が必要になったときなどの生活のトラブルには上手に活用できます。

 

フリーローンで即日融資も叶えられる?消費者金融系なら対応可能!

 

フリーローンを検討する人の中には、急にお金が必要になって即日融資を求めるひともいるでしょう。

 

フリーローンと一口に言っても、フリーで利用出来る商品なので、借入までがスピーディーなので急な出費に対応してくれます。

 

しかし利用するためには必ず審査を受ける必要があります。即日融資に対応しているからといって、誰でも対象になるわけではく、この審査によって即日融資かどうか決められてしまうのです。

 

またフリーローンを即時融資を受けるときは、次の2種類に注目しましょう。

 

  • 銀行のフリーローン
  • 消費者金融のフリーローン

 

このようにフリーローンは上記の2種類に分けられます。

 

実際に、上記2種類の即日融資はどのような物があるのか見ていきましょう。

 

銀行のフリーローンは即日融資できない?

 

最初に銀行が発行しているフリーローンからです。銀行のフリーローンのほとんどが即日融資に対応していないのが現状です。

 

これは銀行の審査の流れが消費者金融とはことなっており、銀行の場合は仮審査の後に本審査があり、在籍確認などを行わなければいけないからです。

 

そのため審査に時間がかかってしまうので即日融資が難しくなってしまうのです。中には即日融資に対応してしる銀行もあります。

 

東京三菱UFJ銀行では即日融資に対応しているカードローンを発行していますので、銀行系を利用したい人は一度WEBサイトなどをチェックしてみるとよいでしょう。

 

消費者金融フリーローンは即日融資に対応

 

そして消費者金融ですが、これは銀行と違ってほぼ即日融資に対応しています。

 

消費者金融によって時間は異なっていますが、大体午前中までに書類の確認が取れれば即日融資が可能となってきます。

 

申込みしてから早ければ30分で審査の連絡が来て、インターネットを使えば必要な書類もメールなどで送ることが可能です。このスピーディーさが即日融資を可能にしているのです。

 

消費者金融はこのように審査が簡単なので、銀行に比べると金利が高くなったり、また融資限度額が低く設定されていまいますが、急な出費にはとても強い味方になってくれます。

 

フリーローンを利用するときに確認しておきたい注意点!

 

フリーローンの返済について不安を抱いている人は多いのではないでしょうか?また返済の遅延についても知らない人が多いと思います。

 

中には「遅延しても何も起きないでしょ?」など、と軽く考えてしまう人もいるようですが、遅延は非常に危険な行為です。なぜ危険なのか?そこも含めて、リーローンの返済について詳しく見ていきたいと思います。

 

無理のない返済計画

 

フリーローンを無事に完済するためには無理のない返済計画を立てることが重要です。無理のない返済計画とは、生活に支障をきたさずに、その名の通り無理をせずとも月々の返済を行なっていける返済計画のことです。

 

例えば、月々の収入が20万円だとして、生活費などに15万円かかるとします。この場合、返済に充てられる残りの金額は5万円ということになりますが、この5万円が常に返済に充てられるとは限りません。

 

なんらかの事情でこの5万円を別の出費に充てなくてはならないこともあるはずです。もしそうなった場合には生活費である15万円を切り崩さなくてはなりません。しかし、それでは生活に支障をきたします。どんなに小さなことであれ、このような支障をきたさない返済計画を無理のない返済計画と言います。

 

そして無事に完済できる人というのはこの無理のない返済計画を立てた人なのです。

 

返済に充てられる金額が5万円あったとしても、それを全て費やすと考えるのではなく、その一部を費やすと考えなくてはなりません。そのため、借り入れる金額もその計画に合わせる必要があり、借入の前に返済計画を立てておくことが理想です。

 

もちろん外食などを完全に抑えて返済に充てられる金額を増やすということも大切ですが、なるべく「普段の生活を送りながら」返済していくことが大切です。

 

精神的負担は滞納やさらなる借入の原因となります。そうなれば当然完済からは遠去かります。何度も言いますが、どんなに小さなことでも生活に支障をきたさない返済計画を立てることがとても重要です。

 

借入期間の長期化に注意!

 

利用するフリーローンを決める際、皆さんは金利を気にすると思います。金利は利息を生むため金利が大きければ1度に発生する利息も大きくなってしまいます。

 

余計な出費を増やさないためにもできるだけ低い金利を求めると思いますが、いくら金利が低くても借入期間が長期化すれば利息は膨らみます。

 

借入期間の長期化にはくれぐれも気をつけなければなりません。早期完済を目指すには追加返済がおすすめです。追加返済は最低支払金額とはまた別の返済です。

 

実は最低支払金額の内訳はほとんどがその月に発生した利息に充てられており、元金にはそれ程充てられてはいないのです。しかし追加返済をすれば既に最低支払金額の返済は済ませているため、全てのお金が元金に充てられることになり確実に元金を減らしていくことができ、早期完済に繋がります。

 

ただ追加返済をすればその月の出費が増えることになるので最低支払金額の返済だけでいっぱいいっぱいという人は無理をしないでください。また、追加返済をすれば翌月は返済する必要がないと勘違いしている人もいますが、最低支払金額とはまた別の返済ですので、そのようなことはありません。

 

追加返済にお金を充て過ぎて翌月の返済ができないなどの事態にもくれぐれも気をつけてください。

 

遅延の危険性

 

遅延をすると、主に次のようなリスクが起こります。

 

  • 損害遅延金発生
  • 信用情報の傷
  • 遅延半年以上で取り立て

 

これらはの状況について、もう少し詳しくみていきましょう。

 

遅延損害金

 

遅延を起こすと遅延損害金と呼ばれる一種の罰金が発生します。支払を免れることはできません。遅延損害金は遅延を始めた日から1日ごと発生していきます。借入残高に20%という高い金利がかかり発生していくので、中には元金を超えてしまう人もいるようです。

 

信用情報への遅延記録

 

信用情報にはフリーローンの利用履歴が記録されています。申込から借入、返済を行ったその日付や金額に至るまでもが事細かに記録されていますが、遅延も例外ではありません。

 

遅延記録には短期の遅延を意味する「遅延」と長期の遅延を意味する「異動」の2種類が存在します。悪い影響を与えるのは当然後者の「異動」です。簡単に言うと、ブラックリスト入りを意味する記録で、審査に通過することができなくなります。

 

「遅延」から「異動」に変わる期間は金融機関によってことなりますが、1カ月?2ヶ月の間と考えてください。

 

遅延半年で取り立て

 

遅延がおよそ半年間に及ぶと取り立てが行われます。真っ先に取り立てられるのは給料です。その次に預金口座が取り立てられ、それでも足りない場合には一定価値以上の私財が取り立てられることになります。

 

そのため、借金があまりにも多い場合には車や家などが取り立てられることも十分に考えられるのです。

 

フリーローンの利用は計画的に

 

フリーローンは、利便性が良い分安易な利用者が増えている傾向があります。きちんと返済出来れば良いのですが、中には借金を返済するために違うところのローンを組んで返済に充てている自転車操業のような人もいるのです。

 

便利だからと言って安易な利用を続けているとトラブルの原因になりやすいので、フリーローンを利用するときは計画を立てることが大切です。多重債務や返済トラブルなどを引き起こしてしまうと、今後一切カードローンの利用は出来なくなると言っても過言ではありませんから気をつけましょう。

 

お金を借りる以上計画性を持つことは、とても重要です。